外壁の種類(サイディング)

サイディング
窯業系・金属系・木質系・樹脂系などががあります。ここでは外壁材でよく使われている窯業系・金属系を載せていきます。

・窯業系とはセメント質と繊維質を主な原料とし高熱処理を施し形成したものです。
現在では一番多く見かける外壁材だと思います。
特徴として柄や色のデザインが豊富です。
今ではいろんな機能性を持った外壁材がありフッ素加工・光触媒加工など強く汚れが付きにくく塗料の密着が良くないものなどがあります。なので塗り替え工事の際には既存材を知り密着の良い下塗り材を選ぶことが重要です。
窯業系サイディングの痛みとして
・水分や乾燥による素材の収縮反り
・細かい傷・塗装が痛み水分を含み傷む・水分を含み寒さで氷爆裂する。あまりにひどい場合塗装工事ができません。
・高意匠サイディングでクリアー仕上げの場合塗装時期が遅れ傷みすぎるとクリアー仕上げが出来なくなってしまいます。

牛田塗装の施工事例

・タイル調(2色塗り)仕上げ

・高意匠サイディングクリアー仕上げ

・サイディング塗りつぶし(1色)仕上げ

・金属系サイディングとはガルバリウム・鉄・アルミなどの金属鋼板を成形した物です
軽くて丈夫で耐水・耐震性に優れ現在ではデザインも豊富で様々なデザインを見かけることが増えて来たように思います。トタン下見などひと昔前の素材の様に感じますが塗装工事をする中でとても丈夫な外壁材だなと感じます
金属系サイディングの痛みとして
・傷跡・切り口などの地が出てしまい錆びる
・外的要因による凹み
・すき間など折り返し部などからの雨漏り